体外受精について

うすだレディースクリニック(不妊治療・体外受精医療)吉祥寺 HOME > 体外受精

体外受精とは

体外受精とは、「卵巣に形成された卵子を体外に取り出し(採卵)、精子と受精させ(媒精)、 さらに数日間育てること(培養)で得られた受精卵を子宮内に移植(胚移植)して妊娠に至らしめる治療法」です。 採卵から培養までの一連の操作が体外で行われるため、卵子の存在・成熟度、整理の受精能力、受精卵の状態を 直視下で評価でき、治療法以外に不妊症の検査としても有用性を持っています。

体外受精の流れ

1. 卵巣刺激

複数の卵子を得るため排卵誘発剤を用います。 誘発法には、色々な方法があります。(long法、short法、 自然周期刺激法など)

2. 採卵

通常の診療で使用している経腟超音波で確認しながら、 成熟した卵を卵巣から針を通して吸い取ります。 基本的には、静脈麻酔下で行いますので、痛みの心配はありません。 目が覚めた時には、全て終了しております。

3. 媒精

採卵によって取り出された卵は直ちに培養液の中に移され約6時間培養の後、調整された御主人の精子を培養液に加え、受精を待ちます。

4. 胚移植

培養を続けて受精卵が4細胞(2日目)もしくは8細胞(3日目)に分割した時点で子宮腔内に注入する方法です。 通常は1~2個の受精卵を移植しますが、卵の状態、患者さんの状況、希望などを考慮し多胎妊娠防止のため1個の場合もあります。処置は、軟らかいチューブを用いますので痛みもなく数分で終わります。

5.黄体ホルモン補充

胚移植後は着床の環境を整えるため、内服薬と注射を数回用います。血中黄体ホルモンの測定と卵巣過剰刺激症候群予防のため超音波チェックを行いながら、注射の投与する量を決めます。

当院の方法

当院では、Short法を採用しています。Short法の実際の流れです。

  1. 生理2日目に診察し、ホルモン値をチェックして、OKなら3日目から注射を開始します。
  2. まず5日間投与して診察します。状況によりその後の注射量を調整し、合計7~9日間連続で投与します。
  3. 卵胞が成熟したら最後の1本の注射(hCG)は夜の22時頃に行います。この日の夕方までスプレーも継続になります。